大人の矯正治療(永久歯が揃っている場合)|川口市、さいたま市、越谷市 患者さんに真摯に向き合い治療を行なう八百板矯正歯科

初診相談
お問い合わせ
メニュー

大人の矯正治療(永久歯が揃っている場合)

大人の矯正治療とは orthodontic for adult

大人の矯正治療とは

矯正治療というと「子供のころにするもの」というイメージがあるかもしれませんが、お口の中が健康であれば、どんなに年齢を重ねていても矯正治療は受けられます。
大人の矯正治療の場合、子供の矯正治療とは異なり、患者さんご本人が強い意志をもって治療を開始するため、治療中の装置やお口のケアもしっかりと行なっていただきやすく、スムーズに治療を進められます。
大人の矯正治療では、患者さんのお口の状態やご要望に合った矯正装置を装着して歯を移動させていきます。
当院では、コンポジットレジンやセラミック製の白いブラケット装置、透明なマウスピース型矯正装置など、目立ちにくい装置による治療に力を入れています。金属製の目立つ装置に抵抗がある方は、ぜひご相談ください。

大人の矯正治療の
メリットとデメリット
merit/demerit

メリット

笑顔に自信がもてるようになる

口元の見た目が気になって笑うときに手で口を隠していたような方も、矯正治療で歯並びが整うと、口元を気にせずに思いきり笑えるようになるなど、見た目に自信をもちやすくなります。

虫歯や歯周病にかかりにくくなる

歯並びが悪いと歯磨きをしても磨き残しができやすく、虫歯や歯周病のリスクが高まりますが、歯並びが整うとすみずみまで歯を磨くことができるため、虫歯や歯周病のリスクが低減します。

体への負担が減る

歯並びや噛み合わせが悪いと、よく噛めないために胃腸に負担がかかったり、顎関節症を発症したりすることがありますが、歯並びや噛み合わせが整うとそのような体への負担が軽減されます。

デメリット

抜歯を必要とする可能性がある

大人の矯正治療では、小児矯正のように顎の成長を促して歯並びを整えるためのスペースを確保することはできないため、スペースが必要な場合は抜歯を選択せざるを得ないことがあります。

矯正装置によっては歯磨きが難しい

歯面に接着させるタイプの装置は、装置の周りに汚れが溜まりやすくなります。そのため、専用の歯ブラシを使うなどして時間をかけて丁寧に歯を磨く必要があります。

歯根が短くなることがある

装置によって歯を移動させると、歯根部分に大きな負荷がかかるために歯根が短くなることがあります。歯の機能に大きな問題はありませんが、歯周病にかかると進行が早くなるので注意が必要です。

矯正装置について equipment

マルチブラケット装置(コンポジット)

マルチブラケット装置(コンポジット)

ブラケットとよばれる装置を歯に接着し、その中心にワイヤーを通して引っ張ることで歯を移動させる装置です。ブラケットが透明や白いコンポジットレジン製なので金属製の装置よりも目立ちません。費用もセラミック製のブラケットより抑えられます。

マルチブラケット装置(セラミック)

マルチブラケット装置(セラミック)

白いセラミック製のブラケットとワイヤーによる装置です。摩耗や変色にも強く、より装置を目立ちにくくできます。コンポジットレジン製のブラケットよりも費用はかかるものの、歯が動きやすく治療期間を短縮できます。

マウスピース型装置(アソアライナー)

マウスピース型装置(アソアライナー)

患者さんご自身で自由に取り外しができる透明なマウスピース型の装置です。透明なうえに厚さは約0.5~0.8mmとごく薄いので、装着していても目立ちません。食事のときには取り外すせるため、装置を気にすることなく食事を楽しめます。

マウスピース型装置の
メリット・デメリット
merit/demerit

マウスピース型装置のメリット・デメリット

メリット

装着していても目立ちにくい

ごく薄く透明なマウスピース型の装置は、お口に装着していても目立ちません。人前に出るお仕事をされている方でも、人の目を気にせずに歯並びを整えられます。

自由に取り外しができる

患者さんご自身で取り外せる装置で、歯磨きや食事の際には外すことができるため、矯正治療中でも装置に対して強いストレスを感じずに過ごせます。

治療中の痛みが少ない

厚みが異なる3種類のマウスピースをおおよそ10日ごとにつけ替え、矯正力をコントロールしながら少しずつ歯を動かすため、マルチブラケット装置よりも治療中の痛みを抑えられます。

デメリット

治療できる症例が限られる

前歯のみの歯列の乱れや軽微なすき間の修正、治療後の後戻りの修正など、歯の移動量が少ない症例の治療には適していますが、複雑な歯の移動が必要な症例には適していません。

患者さんによる管理が必要

装置が取り外せるため、患者さんがきちんと自己管理できるかどうかが治療結果を左右します。装着時間を守れないと計画どおりに歯が動かないため、治療期間が長引きます。

何度も歯型をとる必要がある

装置は10日ごとにつけ替えますが、治療完了までに必要な装置を一度に作製することはできないため、1ヵ月~3ヵ月に1回は装置を作製するために歯型をとる必要があります。

● 矯正治療にともなう一般的なリスク・副作用

・機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
・最初は矯正装置による不快感、痛みなどがあります。数日から1~2週間で慣れることが多いです。
・治療期間は症例により異なりますが、成人矯正や永久歯がすべて生え揃っている場合は、一般的に3年半~5年を要します。小児矯正においては、混合歯列期(乳歯と永久歯が混在する時期)に行なう第1期治療で1~2年、永久歯がすべて生え揃った後に行なう第2期治療で1年半~3年を要することがあります。
・歯の動き方には個人差があるため、治療期間が予想より長期化することがあります。
・装置や顎間ゴムの扱い方、定期的な通院など、矯正治療では患者さんのご協力がたいへん重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
・治療中は、装置がついているため歯が磨きにくくなります。虫歯や歯周病のリスクが高まるので、丁寧な歯磨きや定期メンテナンスの受診が大切です。また、歯が動くことで見えなかった虫歯が見えるようになることもあります。
・歯を動かすことにより歯根が吸収され、短くなることがあります。また、歯肉が痩せて下がることがあります。
・ごくまれに、歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
・ごくまれに、歯を動かすことで神経に障害を与え、神経が壊死することがあります。
・治療中に金属などのアレルギー症状が出ることがあります。
・治療中に、「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口をあけにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
・問題が生じた場合、当初の治療計画を変更することがあります。
・歯の形状の修正や、噛み合わせの微調整を行なうことがあります。
・矯正装置を誤飲する可能性があります。
・装置を外すときに、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、補綴物(被せ物など)の一部が破損することがあります。
・装置を外した後、保定装置を指示どおりに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
・装置を外した後、現在の噛み合わせに合わせて補綴物(被せ物など)の作製や虫歯治療などをやり直す可能性があります。
・顎の成長発育により、噛み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
・治療後に親知らずが生えて、歯列に凹凸が生じる可能性があります。
・加齢や歯周病などにより歯を支える骨が痩せると、歯並びや噛み合わせが変化することがあります。その場合、再治療が必要になることがあります。
・矯正治療は、一度始めると元の状態に戻すことが難しくなります。

● マウスピース型装置(アソアライナー)による治療にともなう一般的なリスク・副作用

・機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
・新しい装置に交換するたびに歯型をとるため、治療完了までに複数回の歯型とりが必要になります。
・正しい装着方法で1日17時間以上使用しないと、目標とする治療結果を得られないことがあるため、きちんとした自己管理が必要になります。
・ご自身で取り外せるため、紛失することがあります。
・症状によっては、マウスピース型装置で治療できないことがあります。
・お口の中の状態によっては、治療計画どおりの結果が得られないことがあります。
・装着したまま糖分の入った飲料をとると、虫歯を発症しやすくなります。
・治療によって、まれに歯根吸収や歯肉退縮が起こることがあります。
・通常の矯正治療の前処置として使うこともあるため、ワイヤーを使う治療への変更が必要になることがあります。
・お口の状態によっては、マウスピース型装置に加え、補助矯正装置が必要になることがあります。
・治療完了後は後戻りを防ぐため、保定装置の装着が必要になります。
・薬機法(医薬品医療機器等法)においてまだ承認されていない医療機器です。日本では完成物薬機法対象外の装置であり、医薬品副作用被害救済措置の対象外となることがあります。

● 薬機法において承認されていない医療機器「アソアライナー」について

当院でご提供している「アソアライナー」は、薬機法(医薬品医療機器等法)においてまだ承認されていない医療機器となりますが、当院ではその有効性を認め、導入しています。
○未承認医療機器に該当
薬機法上の承認を得ていません(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構ウェブサイトにて2022年3月28日最終確認)。
○入手経路等
株式会社アソインターナショナルより入手しています。
○国内の承認医療機器等の有無
国内では、アソアライナーと同様の性能を有した承認医療機器は存在しない可能性があります(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構ウェブサイトにて2022年3月28日最終確認)。
○諸外国における安全性等にかかわる情報
情報が不足しているため、ここではアソアライナーの諸外国における安全性等にかかわる情報は明示できません。今後重大なリスク・副作用が報告される可能性があります。
なお、日本では完成物薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
※当該未承認医薬品・医療機器を用いた治療の広告に対する注意事項の情報の正確性について、本ウェブサイトの関係者は一切責任を負いません。