料金表|川口市、さいたま市、越谷市 患者さんに真摯に向き合い治療を行なう八百板矯正歯科

初診相談
お問い合わせ
メニュー

料金表

八百板矯正歯科の
矯正治療費について
price

八百板矯正歯科では、矯正治療費は診断時に決定します。
支払い回数は一括払い、または治療期間で均等割りしてお支払いいただいています。
治療日ごとの処置料などは設定していません。
治療を途中でストップさせず、できるだけ短期間で治療をしたいと考えています。ご理解いただけますようお願いいたします。
ご不明な点は、受付までお尋ねください。

矯正治療料金表

矯正検査診断料 44,000~66,000円
矯正技術料
MTM矯正
(部分的矯正)
110,000~330,000円
本格矯正治療 330,000~550,000円
装置材料(DBS)および技工料
マウスピースタイプ(アライナー) MTM 165,000~352,000円
上下顎 704,000円
コンポジットタイプ MTM 104,500~165,000円
上下顎 330,000円
セラミックタイプ MTM 130,900~209,000円
上下顎 418,000円
保定料 片顎 44,000円
上下顎 88,000円
※料金は税込表示となっています。
※使用する装置は、症状や使用する部分によって変わります。
※矯正装置などについては途中変更の可能性があります。
※矯正治療途中におけるX線撮影は別途算定とします。

子供の矯正治療(乳歯が残っている場合)

初期治療
(混合歯列期)
技術料 55,000~165,000円
装置材料および技工料
上顎前方牽引装置 44,000円
切歯斜面板 22,000円
機能的矯正装置 33,000~66,000円
床矯正装置 55,000~110,000円
保隙装置 27,500~44,000円
初期治療(DBS) 33,000~165,000円
※料金は税込表示となっています。
※使用する装置は、症状や使用する部分によって変わります。
※矯正装置などについては途中変更の可能性があります。
※矯正治療途中におけるX線撮影は別途算定とします。
     

お支払い方法 payment

  • 現金
  • クレジットカード
  • 院内分割(10~20回)

医療費控除について medical deduction

矯正治療費は、大人の方でもお子さんでも「医療目的である」と判断された場合には医療費として認められます。
そのため、確定申告の際に医療費として申告していただければ、通常医療費控除の対象となります。
医療費控除の手続きにおいて、矯正歯科医による診断書の提示を求められる場合があります。
その際は診断書を作成しますので、必要な場合はお申し付けください。

医療費控除とは

本人および生計を同じにする配偶者その他親族の医療費を1年間(1月1日~12月31日)で10万円以上支払った場合、翌年の2月16日~3月15日までに申告することで、税金が還付または軽減されます(控除の限度額は200万円です)。
申告し忘れても5年前までさかのぼって控除を受けられます。

控除金額について

下記の計算式で算出できます。

医療費控除額
(上限200万円)
1年間(1月1日~12月31日)
に支払った医療費
保険金などで
補てんされる金額
10万円(総所得金額200万円までの方は所得金額の5%)

医療費控除の対象となる医療費

おもに、下記の内容に支払った医療費が控除の対象になります。
◦医師または歯科医師による診療・治療
◦治療または療養に必要な医薬品の購入
◦病院、診療所、介護老人保健施設、介護医療院、指定介護療養型医療施設、指定介護老人福祉施設、指定地域密着型介護老人福祉施設または助産所への入所
◦あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師による施術
◦保健師、看護師、准看護師による世話
など

医療費控除を受けるための手続き

2017年分以降の確定申告書を提出する場合は、「医療費控除の明細書」を作成し、「確定申告書」に添付してください。

※2017年分から2019年分までの確定申告書を提出する場合は、明細書ではなく領収書の添付または提示も可能です。
※給与所得のある方について、2019年4月1日以後、源泉徴収票の添付または提示が不要となりました。
※領収書の添付が不要でも、5年間保管する必要があります。

医療費控除についての詳細は、国税庁のホームページ「医療費を支払ったとき(医療費控除)」、「医療費控除の対象となる医療費」をご確認ください。

● 矯正治療にともなう一般的なリスク・副作用

・機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
・最初は矯正装置による不快感、痛みなどがあります。数日から1~2週間で慣れることが多いです。
・治療期間は症例により異なりますが、成人矯正や永久歯がすべて生え揃っている場合は、一般的に3年半~5年を要します。小児矯正においては、混合歯列期(乳歯と永久歯が混在する時期)に行なう第1期治療で1~2年、永久歯がすべて生え揃った後に行なう第2期治療で1年半~3年を要することがあります。
・歯の動き方には個人差があるため、治療期間が予想より長期化することがあります。
・装置や顎間ゴムの扱い方、定期的な通院など、矯正治療では患者さんのご協力がたいへん重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
・治療中は、装置がついているため歯が磨きにくくなります。虫歯や歯周病のリスクが高まるので、丁寧な歯磨きや定期メンテナンスの受診が大切です。また、歯が動くことで見えなかった虫歯が見えるようになることもあります。
・歯を動かすことにより歯根が吸収され、短くなることがあります。また、歯肉が痩せて下がることがあります。
・ごくまれに、歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
・ごくまれに、歯を動かすことで神経に障害を与え、神経が壊死することがあります。
・治療中に金属などのアレルギー症状が出ることがあります。
・治療中に、「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口をあけにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
・問題が生じた場合、当初の治療計画を変更することがあります。
・歯の形状の修正や、噛み合わせの微調整を行なうことがあります。
・矯正装置を誤飲する可能性があります。
・装置を外すときに、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、補綴物(被せ物など)の一部が破損することがあります。
・装置を外した後、保定装置を指示どおりに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
・装置を外した後、現在の噛み合わせに合わせて補綴物(被せ物など)の作製や虫歯治療などをやり直す可能性があります。
・顎の成長発育により、噛み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
・治療後に親知らずが生えて、歯列に凹凸が生じる可能性があります。
・加齢や歯周病などにより歯を支える骨が痩せると、歯並びや噛み合わせが変化することがあります。その場合、再治療が必要になることがあります。
・矯正治療は、一度始めると元の状態に戻すことが難しくなります。

● 部分的矯正治療にともなう一般的なリスク・副作用

・機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
・前歯6本だけを治す方法なので、噛み合わせは改善できません。噛み合わせの改善を希望される方は、全顎の矯正治療が必要となります。
・症状によっては、でこぼこの前歯がきれいに並ぶスペースを確保するため、歯と歯の間を削る必要があります。しかし、エナメル質(歯の表面)を0.3~0.8mmほど削る程度なので、歯への支障はほとんどありません。
・前歯だけの治療となり動きが限られているので、症状によっては希望どおりに仕上がらないことがあります。

● マウスピース型装置(アソアライナー)による治療にともなう一般的なリスク・副作用

・機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
・新しい装置に交換するたびに歯型をとるため、治療完了までに複数回の歯型とりが必要になります。
・正しい装着方法で1日17時間以上使用しないと、目標とする治療結果を得られないことがあるため、きちんとした自己管理が必要になります。
・ご自身で取り外せるため、紛失することがあります。
・症状によっては、マウスピース型装置で治療できないことがあります。
・お口の中の状態によっては、治療計画どおりの結果が得られないことがあります。
・装着したまま糖分の入った飲料をとると、虫歯を発症しやすくなります。
・治療によって、まれに歯根吸収や歯肉退縮が起こることがあります。
・通常の矯正治療の前処置として使うこともあるため、ワイヤーを使う治療への変更が必要になることがあります。
・お口の状態によっては、マウスピース型装置に加え、補助矯正装置が必要になることがあります。
・治療完了後は後戻りを防ぐため、保定装置の装着が必要になります。
・薬機法(医薬品医療機器等法)においてまだ承認されていない医療機器です。日本では完成物薬機法対象外の装置であり、医薬品副作用被害救済措置の対象外となることがあります。

● 薬機法において承認されていない医療機器「アソアライナー」について

当院でご提供している「アソアライナー」は、薬機法(医薬品医療機器等法)においてまだ承認されていない医療機器となりますが、当院ではその有効性を認め、導入しています。
○未承認医療機器に該当
薬機法上の承認を得ていません(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構ウェブサイトにて2022年3月28日最終確認)。
○入手経路等
株式会社アソインターナショナルより入手しています。
○国内の承認医療機器等の有無
国内では、アソアライナーと同様の性能を有した承認医療機器は存在しない可能性があります(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構ウェブサイトにて2022年3月28日最終確認)。
○諸外国における安全性等にかかわる情報
情報が不足しているため、ここではアソアライナーの諸外国における安全性等にかかわる情報は明示できません。今後重大なリスク・副作用が報告される可能性があります。
なお、日本では完成物薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
※当該未承認医薬品・医療機器を用いた治療の広告に対する注意事項の情報の正確性について、本ウェブサイトの関係者は一切責任を負いません。