子供の矯正治療(乳歯が残っている場合)|川口市、さいたま市、越谷市 患者さんに真摯に向き合い治療を行なう八百板矯正歯科

初診相談
お問い合わせ
メニュー

子供の矯正治療(乳歯が残っている場合)

子供の矯正治療とは orthodontic for child

子供の矯正治療とは

子供の矯正治療では、大人の矯正治療とは異なり、おもに永久歯がきれいに並ぶための基礎づくりとなる治療を行ないます。具体的には、顎の成長をコントロールして上下の顎のバランスを整えたり、顎骨を拡げて歯が並ぶためのスペースを作ったりします。
また、舌や唇の癖、呼吸の仕方などが歯並びや噛み合わせの乱れを引き起こしている場合は、それを改善するように指導します。
このような治療を行なうことで、将来的に抜歯をせずに歯並びや噛み合わせを整えられる可能性が高まるだけでなく、顎の変形や輪郭のゆがみの発生も防ぎやすくなります。
症例によっては早く治療を開始したほうがよい場合もありますので、お子さんの歯並びや噛み合わせが気になる場合は、一度ご相談ください。

子供の矯正治療の
メリットとデメリット
merit/demerit

メリット

上下の顎のバランスを整えられる

骨格的に上下の顎のバランスが崩れているケースでも、成長力を利用して顎の成長をコントロールすることでスムーズに顎のバランスを整えられます。

抜歯せずにすむ可能性が高まる

歯列の幅を拡げたり顎の成長を促進したりすることで、永久歯が生えるためのスペースを確保できるため、歯を抜かなくても歯並びが整えられる可能性が高まります。

お口の悪い癖を改善できる

治療を行なうとともに指しゃぶりや舌で歯を押し出すなどの歯並びの乱れの原因となるお口の癖を改善し、お口の正常な発達を促せます。

デメリット

矯正期間が長くなることがある

子供の矯正治療では、顎の成長が完了する中学生から高校生くらいまでは経過を観察する必要があるため、幼いころから治療している場合は、トータルの治療期間が長くなります。

再治療が必要なケースもある

小児期の矯正治療のみで歯並びや噛み合わせを整えられるのが理想ですが、顎の成長や永久歯の生え方によっては、大人になってから再び矯正治療が必要となるケースもあります。

お子さんとご家族の協力が不可欠

お子さんご自身で着脱できる矯正装置を使用する場合、決められた装着時間を守らなければ充分な治療効果は得られません。お子さんにはしっかりと装着時間を守っていただくと同時に、ご家族による管理とご協力も必要です。

1期治療と2期治療について treatment period

1期治療と2期治療について

子供の矯正治療には、永久歯の歯並びの基礎づくりをする「1期治療」と永久歯が生えそろってから歯並びを整える「2期治療」があります。
乳歯と永久歯が混在している5~11歳ごろは、1期治療を行ないます。1期治療では、歯列の基礎となる顎の成長をコントロールして上下のバランスを整えるほか、顎を拡げる治療などで永久歯がきれいに並ぶためのスペースを作ります。
永久歯が生えそろった11~15歳ごろには、2期治療を行ないます。2期治療では、大人の矯正と同じようにマルチブラケット装置やマウスピース型装置を歯に装着し、歯を移動させて歯並びを整えます。
なお、1期治療を行なった結果、永久歯の噛み合わせや歯並びが整った場合は2期治療を行なわないこともあります。また、1期治療を受けていなくても2期治療を受けることはできます。

子供の矯正治療の装置 equipment

上顎前方牽引装置

骨格的に上下の噛み合わせが反対になっている場合に使用する矯正装置です。お口の中にセットした装置からフェイスマスクに向けてゴムをかけて上顎を前方に引っ張り、上顎の成長を促します。

切歯斜面板

前歯の一部の噛み合わせが反対になっている場合に使用する矯正装置です。下の前歯にプレート状の矯正装置を装着することで、上の前歯を前方に押し出します。

機能的矯正装置

顔やお口の周囲、舌などの筋肉の力を利用することで、顎の適切な成長を誘導する矯正装置です。おもに就寝時に使用します。

床矯正装置

歯列の幅を拡げるために使用する矯正装置です。矯正装置に埋め込まれたネジを巻くことで顎骨に負荷をかけ、少しずつ歯列の幅を拡げていきます。

保隙装置

永久歯が生えるために必要なスペースを確保する矯正装置です。虫歯やけがなどで乳歯を失った場合に装着すると、隣の歯が倒れ込んでくるのを防ぎつつ永久歯が正常な位置に生えるように誘導できます。

子供の歯並びが気になる
保護者の方へ
to parents

子供の歯並びが気になる保護者の方へ

小児期から矯正治療を始め、歯並びの乱れや噛み合わせのずれを早めに改善できると、お子さんが見た目の気になる多感な時期を迎えたときに、自信を失わずにすむ可能性が高まります。
また、子供の矯正治療は、見た目を整えるだけではなく、発音や咀嚼などのお口の機能の向上やお口の癖の改善、虫歯リスクの低減なども期待できます。
歯並びや噛み合わせの状態は、心と体の両方の健康に大きな影響を与えます。お子さんが将来お口のことで悩むことなく、いきいきとした毎日を送れるようにするためにも、ぜひお子さんの矯正治療についてご検討ください。
矯正治療に関することならどんなことでも丁寧にお応えしますので、お気軽にご相談ください。

● 矯正治療にともなう一般的なリスク・副作用

・機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
・最初は矯正装置による不快感、痛みなどがあります。数日から1~2週間で慣れることが多いです。
・治療期間は症例により異なりますが、成人矯正や永久歯がすべて生え揃っている場合は、一般的に3年半~5年を要します。小児矯正においては、混合歯列期(乳歯と永久歯が混在する時期)に行なう第1期治療で1~2年、永久歯がすべて生え揃った後に行なう第2期治療で1年半~3年を要することがあります。
・歯の動き方には個人差があるため、治療期間が予想より長期化することがあります。
・装置や顎間ゴムの扱い方、定期的な通院など、矯正治療では患者さんのご協力がたいへん重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
・治療中は、装置がついているため歯が磨きにくくなります。虫歯や歯周病のリスクが高まるので、丁寧な歯磨きや定期メンテナンスの受診が大切です。また、歯が動くことで見えなかった虫歯が見えるようになることもあります。
・歯を動かすことにより歯根が吸収され、短くなることがあります。また、歯肉が痩せて下がることがあります。
・ごくまれに、歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
・ごくまれに、歯を動かすことで神経に障害を与え、神経が壊死することがあります。
・治療中に金属などのアレルギー症状が出ることがあります。
・治療中に、「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口をあけにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
・問題が生じた場合、当初の治療計画を変更することがあります。
・歯の形状の修正や、噛み合わせの微調整を行なうことがあります。
・矯正装置を誤飲する可能性があります。
・装置を外すときに、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、補綴物(被せ物など)の一部が破損することがあります。
・装置を外した後、保定装置を指示どおりに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
・装置を外した後、現在の噛み合わせに合わせて補綴物(被せ物など)の作製や虫歯治療などをやり直す可能性があります。
・顎の成長発育により、噛み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
・治療後に親知らずが生えて、歯列に凹凸が生じる可能性があります。
・加齢や歯周病などにより歯を支える骨が痩せると、歯並びや噛み合わせが変化することがあります。その場合、再治療が必要になることがあります。
・矯正治療は、一度始めると元の状態に戻すことが難しくなります。