矯正治療の開始時期について|川口市、さいたま市、越谷市 患者さんに真摯に向き合い治療を行なう八百板矯正歯科

初診相談
お問い合わせ
メニュー

矯正治療の開始時期について

矯正治療の開始時期について start

【0~6歳】乳歯(子供の歯)のみの時期(乳歯列期)

【0~6歳】乳歯(子供の歯)のみの時期(乳歯列期)

4歳以下のお子さんは矯正装置を装着し続けることが難しいため、一般的には矯正治療は行ないません。
永久歯が生えはじめる5~6歳ごろになると、さまざまなことに対する理解が進み、ある程度我慢もできるようになるため、重度の受け口や出っ歯などのケースでは、治療を開始する場合もあります。
早期治療が必要かどうかの判断が難しい時には、レントゲン撮影などを行なってお口の状態を詳しく調べることもあります。

【6~13歳】乳歯と永久歯(大人の歯)がある時期(混合歯列期)

【6~13歳】乳歯と永久歯(大人の歯)がある時期(混合歯列期)

ほとんどの症例において矯正治療を開始するのに適した時期で、お子さんの将来の歯並びを左右する重要な時期でもあります。
まだ永久歯は生えそろっていないため、矯正装置で大きく歯を動かすような本格的な治療は行なわず、おもに永久歯をきれいに並べるための土台作りをします。
たとえば、顎が小さくて永久歯が生えるためのスペースが足りないようなケースでは、顎骨の成長を促すような治療を行なったり、受け口で噛み合わせが逆になっているようなケースでは、前歯の噛み合わせを整えて上顎の成長を促したりします。
また、歯列全体ではなく一部分だけ歯並びが乱れていて、そこだけを治療すれば将来的に本格的な矯正治療を行なわずにすみそうなケースでは、歯並びが乱れている部分だけを治療します。
そして、顎の成長と上下の顎のサイズのバランスなどを観察しながら、永久歯が生えそろうのを待ちます。早い場合は小学校4年生ごろ、遅い場合でも中学生になるとほとんどのお子さんの永久歯が生えそろいます。永久歯が生えそろったら大人の矯正治療と同じような装置を使って本格的に矯正治療を始めていきます。

子供の矯正治療
(乳歯が残っている場合)

【13~18歳】永久歯が揃っている時期(永久歯列期)

【13~18歳】永久歯が揃っている時期(永久歯列期)

お子さんによっては乳歯が残っている場合もありますが、一般的には永久歯が生えそろう時期なので、本格的な矯正治療を開始するのに適しています。
性別によって多少成長に差はあるものの上顎の成長はほとんど終わっているので、下顎の成長に留意します。遺伝的あるいは骨格的な要因によって下顎が大きく成長しそうなケースでは、治療の開始を遅らせることもあります。
また、受験などによって環境の変化も起きる時期なので、そのことについても充分に配慮したうえで治療を進めていきます。

大人の矯正治療(永久歯が揃っている場合)

【18歳以上】成人

【18歳以上】成人

体の成長はほとんど完了し、骨格的にも安定し始める時期です。18歳以降になると大きなお口の変化はありませんが、進学や転勤・転職などによる引越し、結婚、妊娠・出産などの環境の変化に気をつけて治療を進める必要はあります。
また、前向きな気持ちで治療を開始することも大切です。大人の矯正治療に年齢制限はありませんので、歯並びや噛み合わせでお悩みがあれば一度ご相談いただき、矯正治療について充分に理解したうえで治療を受けるかどうかをご検討ください。

大人の矯正治療(永久歯が揃っている場合)
● 矯正治療にともなう一般的なリスク・副作用

・機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
・最初は矯正装置による不快感、痛みなどがあります。数日から1~2週間で慣れることが多いです。
・治療期間は症例により異なりますが、成人矯正や永久歯がすべて生え揃っている場合は、一般的に3年半~5年を要します。小児矯正においては、混合歯列期(乳歯と永久歯が混在する時期)に行なう第1期治療で1~2年、永久歯がすべて生え揃った後に行なう第2期治療で1年半~3年を要することがあります。
・歯の動き方には個人差があるため、治療期間が予想より長期化することがあります。
・装置や顎間ゴムの扱い方、定期的な通院など、矯正治療では患者さんのご協力がたいへん重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
・治療中は、装置がついているため歯が磨きにくくなります。虫歯や歯周病のリスクが高まるので、丁寧な歯磨きや定期メンテナンスの受診が大切です。また、歯が動くことで見えなかった虫歯が見えるようになることもあります。
・歯を動かすことにより歯根が吸収され、短くなることがあります。また、歯肉が痩せて下がることがあります。
・ごくまれに、歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
・ごくまれに、歯を動かすことで神経に障害を与え、神経が壊死することがあります。
・治療中に金属などのアレルギー症状が出ることがあります。
・治療中に、「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口をあけにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
・問題が生じた場合、当初の治療計画を変更することがあります。
・歯の形状の修正や、噛み合わせの微調整を行なうことがあります。
・矯正装置を誤飲する可能性があります。
・装置を外すときに、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、補綴物(被せ物など)の一部が破損することがあります。
・装置を外した後、保定装置を指示どおりに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
・装置を外した後、現在の噛み合わせに合わせて補綴物(被せ物など)の作製や虫歯治療などをやり直す可能性があります。
・顎の成長発育により、噛み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
・治療後に親知らずが生えて、歯列に凹凸が生じる可能性があります。
・加齢や歯周病などにより歯を支える骨が痩せると、歯並びや噛み合わせが変化することがあります。その場合、再治療が必要になることがあります。
・矯正治療は、一度始めると元の状態に戻すことが難しくなります。